桑名市内のお寺
 
境内に手すり付けさせて頂きました。取付けにあたり住職さんから階段通路の真ん中に設置するため取外しが出来るようにとの要望がありました。製品を調べてみましたが規格品で脱着可能な手すりは各メーカに存在せず、当社で製作することとしました。手すりはぐらつかないようにシッカリ固定しなくてはなりません。簡単なようで難しい課題でした。


『 LIXIL ガードウォーカー』について写真クリック!!

 


作業途中♫

アルミ50角パイプ(内法46㎜)に42πの鉄心を組合わせ土間に埋設、手すりの柱をジョイントさせてあります。さらに多少のフレを抑えるため木のクサビを打ち込んであります。