• Facebook
  • Twitter
  • YouTube

アーカイブ: 2013年3月

本日お邪魔した御宅の奥様の数ある趣味の一つが日曜大工?なんでしょうね、小柄できれかわいい出で立ちからは想像だに出来ないその作品をご紹介します。

20130314-022029.jpg
天井まで届く細長い鏡を挟み込むように貼られたモザイクタイル柄はエコカラット。
http://ecocarat.jp/
鏡とエコカラットはNETで購入、取付けは全てご自身でなされたそうです。スイッチや手すりの取り合い部分は細かい切り欠き作業で苦労なさった跡が見受けられました。大きな鏡を貼る作業は危険も伴うことから取付をためらうはずなんだけどなぁ・・フムゥ〜 、ここまでチャレンジングな気合作業には流石にぶっ飛び級の驚きと同時に私の商売に対する危機感すら覚えさせられました。まいった〜〜〜っということで本日の訪問目的は寝室にインプラスを取付るための採寸。色はホワイトを希望、インプラスに合わせて窓額縁を白色に塗装しよっかなぁっと次なる日曜大工を物色されていました。http://tostem.lixil.co.jp/lineup/sash/reform/inplus/

25/03/10 こぼれ話「低反射硝子」

最近手書きメモを写メで残す習慣がついている。メモ書きに折り目がついていると画像が宜しくないと思ったことありませんか?。そんな時透明硝子を上に敷くことでメモのシワが気にならなくなります・・・がっがBut、撮影者本人が映り込んでしまいがち。そんな時は低反射硝子を使えばいいかも!博物館のケースや額縁の硝子に使われています。
http://www.agc.com/products/summary/1174392_832.html

20130310-212948.jpg低反射硝子は撮影者本人の映り込みが少ない

20130310-213145.jpg同じ条件で一般的な透明硝子で撮影。撮影者(私)が映り込んでいますよね

25/03/03 こぼれ話「若手芸術家」

いなべ市の人里離れてポツンとある集落の、とある工房へ網戸の寸法取りにお邪魔しました。その工房の主は常滑出身の若き芸術家で雑念を捨てひたすら作品創りに勤しむ為、夫婦で山籠り生活を始められたばかりということでした。銅板をたたき出して創るオブジェは飽きるのを忘れてつい見入ってしまうほど創造性に富んだ素晴らしい作品でした。ぜひこの小さな工房からユニークな作品を世にたくさん送り出してもらいたいと思います。

20130303-020333.jpgまず最初にオブジェのイメージを忠実に再現するために針金の骨に粘土を盛り、完成系の型を作ります。この型を見ながら、パーツごとにブリキハサミで切断された銅板を立体に叩き出し作業を進めるとのことです。製作中の作品はカエルヒコーキ!(二匹のパイロットが操縦しているのが分かりますか?)

玄関のレールに被せるレールはどこの製品ですか?電話で問い合わせがありました。今日を含めて3軒目、聞くと玄関引き戸➡レール直しのキーワードで当社の工事ブログがヒットするそうです。従来ならレールを含めた枠ごと交換工事となりそれなりの費用が発生する工事が必要でした。NET検索で問い合わせて頂いたお客様にはメーカーと商品名を伝えただけでしたが、恐らく数千円で修理が可能なことでしょう。
http://shinkodo.biz/2012/07/玄関引戸レール補修/
今回も情報提供のみで商売には繋がってはいませんが工事ブログがお役にたてたことを嬉しく思います。

家研 オーバーレール
レール式引戸の開閉が重いと感じたら速やかに戸車の取り替えをお勧めします。そのまま使い続けるとレールが削れて症状が悪化してしまいます。