• Facebook
  • Twitter
  • YouTube

アーカイブ: 2012年12月

年末の大掃除ははかどってますか。
当社では便利ツールの貸出をおこなっています。

本日、鍵を無くされ家に入れないお婆さんが当店を訪ねてくれました。
早速お邪魔してみると勝手口のドアはピッキング対応のダブルロックの為 、
被害の小さい90㎝角の硝子を割って家に侵入することとなりました。
そのガラス割り手法は空巣の手口を再現したもので、マイナスドライバー1本で簡単に侵入出来てしまうんです。
iPhoneビデオ左手に単独一発撮影の為上手く撮影出来ていませんが音を立てずに15秒で作業完了。両手作業なら恐らく10秒掛からなかったと思います。
お出掛けの際は確実な施錠!・・全く無防備なことが理解して頂けると思います。
防犯対策の参考にして下さい。

防犯・防犯対策





警察が民間から一括借り上げしている駐車場フェンスに車が衝突、そのまま逃げた模様。ライトの破片も落ちてるし・・犯人が警察関係の駐車場って知ってたら状況は変わったんでしょうかね?
警察は犯人探しするんだろうか?

20121215-172739.jpg

3階の教室、硝子にものが当たって割れた硝子。幸い飛散防止フィルムが貼ってあったため校庭に落下することはありませんでした。

今日は飛散防止フィルムの話じゃないんです。

さて、一体何が当たったと思いますか?

一週間前に降った雪を教室に持ち込んでの雪合戦。恐らく以前にも同じようなことがあったのでしょうね
・・その日の職員朝礼で雪玉を教室に持ち込まないよう伝達事項を教師に伝えたまさにその直前に起きてしまった硝子破損らしいです。中学生の生徒にそのような指導をしなくてはならない教師もさぞややるせないでしょうね。

このことは今時の若者のモラルの低下の事例の一つにすぎませんが冷静に考えると我々大人の問題であるのかも?。子供の手本になり得てない大人社会の問題に起因してるような気がしてなりません。
20121214-182111.jpg
最近はPTAの行事で教室のフィルム貼りを行っているんです。

24/12/12 本日のこぼれ話 「空き巣」

昨日17:00頃、桑名市柳原地内で空巣被害が有りました。その手口から素人ではないものの決して手慣れた犯行ではありませんでした。
3年前に蟹江町で発生した空巣殺人事件は無事犯人が囚われましたが犯行も凶悪化傾向に有ります。
年の瀬、益々の景気判断悪化につれ、空き巣犯罪の急増が予想されますのでお出掛けの際は勿論、在宅時にも確実な施錠、防犯対策に心掛けて下さい。http://shinkodo.biz/s-advice/

20121213-182526.jpg
実際の犯行現場写真・・クレセントを解錠する為に大きく割られた硝子窓。手慣れた犯行の場合、硝子割れの大きさは1cm以内、5秒で侵入可能なんですよ。

24/12/11 本日のこぼれ話 「結露」

この時期、窓の結露で頭を悩まされている方も多いのでは?特に鉄筋コンクリート造のマンションに顕著な傾向がみられるようです。今日お邪魔した新築マンション住いのお客様の朝の仕事は結露掃除から始まるそうです。特に北側の部屋は窓硝子と周囲のアルミ枠にベッタリ、床にも滴り落ちてるとのことです。硝子を二重硝子(ペア硝子)への取替見積り依頼でしたがより効果が期待出来る樹脂内窓も合わせてご提案させて頂きました。
問題は南側の大きな大きな窓。両サイドはベランダ出る90cm巾のドア+まん中は幅2m40cmのハメ切り窓。合わせて4m20cm。結露は北面の部屋ほど酷くはなく、昼には日射で蒸発はするそうですがっがっが、せっかくマッタリ気分でのパノラマビュー眺望の魅力が半減。あまりにも大きすぎて結露対策のご提案が出来ず、宿題として持ちかえらせて頂きました。でもね〜、それ以上に心配したのが・・・もしこの硝子が夫婦喧嘩による灰皿投げで硝子が割れたらHow much!?。硝子の厚み12mm、重量150kg。その大きさからエレベーター、階段からの運び込みは不可能。となれば大きなクレーン車が必要になるのでは!う〜ん、硝子の割替え¥100万!!!あり得るかも。くれぐれも気を付けてくださいね。




20121211-190123.jpg
昼過ぎでもアルミには水滴が・・

ブロック埋込ポスト内側の郵便物取り出し口蓋が台風時に破損してしまい修理依頼のTEL。

この手の破損は他所でもありがちですよね。

ポストの取替費用は?ポストをブロック塀から取り外す手間の掛かる作業が必要になるため、おおよそ4万円以上掛かるかも?(一瞬お客様の顔が怖ばる)

また、表側の投入口が山型にカーブしているため同じ形状の商品がない場合、周囲はモルタル補修となってしまい見栄えも悪くなってしまいます。

裏蓋以外は不具合が無く手作りでの蓋の製作修理をご提案致しました。

写真はポスト内に雨水が侵入しないようにとお客様が取出し口にビニール製のカーテンを取付されたものです。100均ショップで全被せの袋を購入したりして色々試されたみたいです。
20121212-005937.jpg

住いの設備機器選定に当たっては如何にメンテナンス性に優れているかも重要な基準になりますよね。

ホームセンターで地震対策として硝子割れによる悲惨防止フィルムを購入なされたY様。ご夫婦共同作業で貼り始めたもののお二人の呼吸が合わなかったのか?一枚貼ってギブアップ。貼りあがりは若干のシワがみられたものの日曜大工としては十分な仕上がりだっただけにギブアップは残念、当社に残り9箇所の施工依頼が有りました。悲惨防止フィルムは紫外線を99%カットする為、カーテン・畳焼け防止の効果もあります。作業は思いのほか難しいですが最近では動画での施工マニュアルが紹介されているため参考になると思います。是非施工チャレンジしてみて下さい。