最近のメモ作業はiPhoneカメラで画像で残し、エバーノートに記録を残す習慣になっている。この方が作業時間が圧倒的に少なく、間違いも少ない。
撮影する被写体は一枚の紙っぺらが多くその殆どが折り曲げられた癖がついているため撮影の際には思いのほか苦労させられたりする。そんな時に役立つのが 低反射硝子の活用 なんです。被写体の上に被せることで折り目と反射がなくなります。


下の画像には撮影者の私(佐藤)が映り込んでいるのがお分かりになるでしょうか・・・?