桑名市内での雪見障子硝子割れ替えです。
最近は、和室が減ったことやペア硝子の標準化でメッキリ使われなくなってます。透明硝子を部分的にスリ加工されたボカシ硝子。外部からの視界を好みの高さで遮ることが出来るため、縁側サッシや和室雪見障子に多く使われています。硝子に砂を吹き付けることで表面が削られてしまうからか?加工無しの硝子に比べて割れやすい気がします。今回も肘が触った程度の接触で割れてしまったのこと。

20130324-182318.jpg

 

建具の開閉時は十分注意が必要ですね(๑˘ ˘๑)

20130324-182453.jpg