毎朝、学校に行く前に呼びに来てくれる友達を2階の北窓を開けて待っているお孫さん。2階の北窓はカタ板硝子がはめ込んである為閉めてあると外の様子(友達が来たか?)が分かりません。なのでお孫さんは寒い冬の朝でも開け放したままで迎え友達を待ってるそうです。

そのことをお爺様が気にされていたので、引き違い窓の片側を透明硝子に入れ替えて、型板硝子をはめ込んだ樹脂内窓の取付けをお勧めしました。

インプラス1

before カタ板ガラスでは外の様子は見えませんね

インプラス2

after

インプラス   樹脂内窓を閉めた状態では外を見ることが出来ませんが、外部サッシの硝子を透明に入れ替えた側の内窓を開けると外が見られます。
外部サッシを透明硝子に入れ替えたため、内窓を開けるだけで外の様子が分かるようになりました。

通行量の多い道路からの騒音も無くなったと喜ばれています。